• 企業情報
  • 不動産部
  • 自然との共生
  • 採用情報
  • お問い合わせ

自然との共生

HOME > 自然との共生

創業から受け継がれる次世代のための環境づくり

自然との共生

三住興産グループでは、皆さまのより住みよいまち、より住み心地のいい環境づくりに貢献するため、下記のような取り組みを行っております。

植林活動

私たち人類だけでなく、あらゆる生物や生命の源である「森林」。しかし、昨今では不法な森林伐採や焼き畑により、たくさんの森林が失われ、地球の温暖化が進み、私たちの暮らす環境がどんどん悪くなってきてしまっていることは周知の事実です。

私たちは、昭和12年の創業時より木に携わってきた経験を活かし、岡山県真庭市をはじめ、篠山市の多紀連山等、約20万坪の山林を所有しており、継続的なスギ・ヒノキの植林活動を通じてCO2の削減に貢献し、住み良い環境を次の世代、またその次の世代へと残していけるよう、活動を続けています。

また、植林活動にはCO2の削減だけでなく、私たちの生活に関わる下記のような効果があります。

治水効果・治山効果 …地中に張った木の根が斜面崩壊を防ぎ、大雨時のがけ崩れ、土砂災害等の防止に繋がります。
保水効果 …木があると地面に吸収された雨水はゆっくりと浄化され、良質な水が私たちの暮らす環境に流れてきます。

また、この活動は国・県・市の補助制度(支援)も受けて行っており、地域社会の発展に寄与貢献する活動として進めていくことも目的として掲げています。

スギやヒノキは古くから伝わる歴史的建造物や一般家屋の木材や家具、文具や生活用品に至るまで数多くの用途に使われ、多くの人々に親しまれて来た古来の名木です。植林活動を通じてスギやヒノキの良さが見直され、少しでも多くの人々にこの木の魅力に親しんでいただくことが私たちの願いでもあります。

ゴルフ場における空調・給湯設備の見直し

キングスロードゴルフクラブでは、これからの環境を考えたCO2削減への取り組みの一環として、これまでの重油を燃料にしたボイラー式の空調設備を廃止。電気による高効率の空調設備への入れ替えを行いました。

また、このプロジェクトは国からの高効率空調機導入支援事業としての採択を受け、ゴルフ場としては日本で初めての取り組みとなりました。今後も給湯関連設備の電化など、環境を考えた設備の見直しも進めていきます。

太陽光発電設備

三住興産グループでは、太陽光発電を導入しております。太陽光の有効活用で地球環境の保全を図るとともに、自然環境にやさしい「再生可能エネルギー」の普及促進に努め、企業の社会的責任としての環境負荷の低減などを通じて社会に貢献いたします。

ページの先頭へ